西日暮里 新三河島 町屋 近くの歯医者 新三河島歯科医院 虫歯治療 歯周病治療 矯正 インプラント ホワイトニングなどの案内

03-3800-8218
新三河島駅から徒歩30秒

新三河島歯科医院

ブログ

  • 診療案内
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 歯ぎしり
  • マウスガード
  • お悩み別診療メニュー
  • 自費診療サイト
  • 医療費控除
  • 求人募集
  • 院長ブログ
  • フェイスブック
  • ドクターズファイル

床矯正装置

子供の歯は大人の歯よりも歯の幅が小さく、乳歯の歯並びはスカスカの隙っ歯になるのが普通です。
しかし、ここ十数年お子さんを見てると、スカスカな歯並びよりキツキツの詰まった歯並びのお子さんが目につきます。
何故でしょう?もちろん遺伝的要素は大変強いですが、それだけではありません。
食事がハンバーガーなどの欧米化が進み、顎が小さくなってきてる傾向があります。
一昔前は、日本ではにぼしを食べたりして、顎を鍛えてましたが、いつの間にかそんな習慣はなくなってしまいました。
そしてそのまま小学校の高学年になって自分の歯並びを意識し始めたころには、歯を抜いて矯正をしなくては治らなくなってしまいます。
この写真の床矯正装置は、乳歯から乳歯と永久歯が混在する時期に小さな顎や歯を横方向に広げてあげて、少しでも永久歯がキツキツに生えてこないように、ゆとりをもって生えさせるための予防的矯正装置です。
これを使うと当医院のデータでは、80~90%抜歯しないで矯正ができ、更には、この装置だけで治ってしまう場合もあります。
矯正は長期間かかりますが、早め早めのアプローチが大切です。
乳歯の時期にキツキツの歯並び、受け口、出っ歯が気になるようでしたら、早めにご相談下さい。
随時無料相談を行っています。お気軽にどうぞ。

ブログ   ブログ

2014年3月5日

pagetop